特別養護老人ホームあそか苑

あそか苑

あそか苑は伊丹市内で最初の民間の介護福祉施設です。
昆陽池公園が近くにあり、天神川が流れ、川沿いには桜並木の美しい歩道が整備されていたりと周囲は緑が豊かで、四季折々の風景をお部屋から楽しむことができます。

私たちは、ご利用者様、ご家族様と共に手を携え、心を寄せ合い、共に喜び、悲しみ、苦しみ、痛みを分かち合い、人生の最終章を人間味豊かに過ごせるよう、最後まで支援致します。
介護が必要になり、ご自宅での生活が困難になられた方が安心して生活されるための住まいです。

2008年リニューアル

あそか苑は2008年にリニューアルを行い、居室を個室化しました。
居室の個室化により入居者様のプライバシーが確保され、「個人の尊厳を大切にする」という苑開設以来の理念の実現に大きく近付きました。

ユニットケア

2008年の苑リニューアルに伴い、ユニットケア※を採用致しました。
ユニットケアの採用により、ご家庭の雰囲気により近くなり、一人一人のお顔がしっかりと見られるようになっています。

※ユニットケアとは「配属された職員が患者・入居者・利用者の看護・介護・要望・苦情に迅速かつ柔軟に判断・対応ができるよう、規模を縮小した看護・介護の提供態勢」の事をいいます(ウィキペディアよりの抜粋)

ターミナルケア

理念である「ビハーラ」のもと、ターミナルケアを苑開設当初より実践しております。
痛みを和らげ、不安を取り除き、安らぎが持てる日々の創造を目指し、全職員が一丸となって取り組んでおります。

医療の充実

あそか苑では、野村侃先生(野村耳鼻咽喉科)、都井正剛先生(都井メンタルクリニック)、丸岡康洋先生の3名の先生の診療と、毎週水曜日・金曜日には楠山歯科医院より往診していただき、個別に診療および口腔ケアを実施していただいています。
そして、入居者の皆様が生き生きとした心豊で健康な生活が送れるよう、快眠・快食・快便・快感を基本に日常的な健康管理から、ターミナに至るまでの健康面を、医師、看護師にてサポートしています。
また急な入院には、市立伊丹病院等の協力により、医療体制の充実を図っています。

機能訓練については、治療目的とした専門的なリハビリテーションではなく、筋力低下の予防や拘縮予防を目的としたリハビリテーションを理学療法士、作業療法士によって実施しています。

明照会診療所は、保健医療機関としての指定を受け、老人医療の充実と地域医療の向上に貢献しています。

明照会診療所では・・・

●施設内にドクターがいるので安心です。
●施設内だから入居者・デイサービス利用者が簡単に利用可能。

施設への入所をご希望の方

あそか苑

定員 : 50

お問い合わせ先

電話 : 072-785-0109

あそか苑 プンダ館

定員 : 20

お問い合わせ先

電話 : 072-785-2272

あそか苑 ウパラ館

定員 : 20

お問い合わせ先

電話 : 072-785-2272

あそか苑 ももは

定員 : 29

お問い合わせ先

電話 : 072-777-1591
URL :http://medical.cabrain.net/CN107596/

ページトップへ