明照会について

理念

理念

尊厳を喪うことなく
安養に生きる願いをはぐくむことで
いたわりの心と優しい言葉でもてなし
快適な住まいを創り
美味しい食事を差し上げ
痛みを和らげ心配や畏れを取りのぞくことである。

社会福祉法人 明照会について

法人設立の趣意

社会福祉法人明照会あそか苑は、人間一人ひとりの尊厳が保たれ、生まれてきたことを喜び生きていることを感謝することができる日々を創造されることを念じながら、理念のもとに法人経営にあたり、社会や高齢者の家族の絆がなお一層強固なものとする努力を重ね、夫婦のであいを慶び家族の営みを慶び、この絆が子や孫がいっそう幸福であることを願い、生まれて良かった生きて良かったと感謝できる日々の創造を願い、ひいては社会の福祉的向上を図り、幸せな街、住みたい街、生まれて良かった国づくりに貢献したいと考えます。

明照会憲章

明照会は、1992年2月15日、理念をもとに真に平和で豊かな社会が実現することを願って創立されました。
その目的は手を携えあって痛みを除き喜びを分かち合う社会へのいざないであり、尊厳を喪うことなく安養に生きる願いをはぐくむことです。
明照会はこの精神に則り次の使命を担うことを宣言します。

  • 一、全ての事業は理念に基づいて行なう
  • 一、福祉の充実と向上をめざして事業を推進する
  • 一、自立を原則として社会の諸問題に積極的に取り組み遂行する