しごとを楽しく続けていられるのは周囲の人たちのおかげ

介護職員阿部 貴明

「介護福祉士へのきっかけ」は理事長からの誘い

もともとは役者として生きていきたくて、東京の事務所に入り、お芝居に本気で打ち込んでいました。結婚、そして子供ができたときに「これからは自分の夢ではなく家族の幸せをいちばん大切にしていきたい。」と役者を辞めて就職を決意しました。お互い関西の出身ということもあり、妻の地元である兵庫に住所を移し、はじめての本格的な就職活動。車の免許を持っていなかったので、まずは教習所に通いながら仕事を探していました。そんなときに、ある人の紹介であそかの木保育園で人手が不足しているというお話をいただいたのが河原理事長との出会いです。あそかの木保育園で働きだして1年ほど経ったとき、理事長から「阿部くん、介護の業界はどう?保育もいいけど介護してみませんか。」とお誘いをいただいたのが介護のしごとをはじめたきっかけです。いきなりのお話に戸惑いはありましたが、理事長から誘っていただいたのであれば、挑戦してみようと思い切って飛び込んでみることにしました。私自身、単純な性格もあって迷いはなかったです(笑)。

なにかしたいけど、できない。それが一番つらい

何も知らない介護の現場。慣れるまでの3ヶ月はほんとうに大変でした。初日と2日目は先輩職員の側について、介護の流れや利用者の方や施設を紹介していただいたのですが、することがわからないし、やりかたもわからない。何も出来ずにただ側についているだけの2日間がいちばん辛かったですね。3日目からは先輩職員に教えてもらいながらやっていきました。業務をただ見ているだけだった昨日に比べて、わたしにできることが少しでもあることが嬉しかったです。実際やりはじめるとわからないことだらけでしたので、質問をたくさんしましたが、みなさんが優しく教えてくれました。とはいえ、はじめて利用者の方をベッドから車椅子に移乗するとき、やりかたがすごく悪かったみたいで、1回やっただけで腰が痛くなったときは、「こんなしんどいんや。しごとを続けていけるのかな」という思いが頭をよぎりました。介護を経験した人であれば理解できると思いますが、移乗介助は慣れてしまえば、しんどいことはありません。力の入れ方、身体の動かし方ひとつでこんなにも違うんだなと日々勉強しています。直属の先輩だけでなく多くの職員に介助の疑問を投げ掛け、コツを教えてもらいながら、自分に一番合うやり方を見つけていきました。3ヶ月位で自分のやり方ができてきたことで少しずつからだが楽になり、楽しくなってきました。これは介助だけでなく、仕事全般にいえることですね。知識がないことで苦労した面がたくさんありますが、介護に対して知識がほとんどなく、介護への先入観がなかったからこそ、先輩の教えがすんなりとはいってきて、いまでは理論よりも実践が先でよかったと感じています。

しごとを楽しく続けていられるのは、周囲の人たちのおかげ

私がいまでも介護のしごとを楽しく続けていくことができているのは、気軽に相談できる人たちが周りにいるという環境がとても良かったからだと思っています。「腰が痛い」というどんなに些細な質問でも、嫌な顔をせず親身になって教えていただける環境があるからこそ辛いことも乗り越えられていると実感しています。また、わたしを担当したリーダーの明確な指針に基づく指導があったおかげで、わたし自身がそれに向けて前向きに頑張ることができました。介護のことが何も分からないわたしに、「半年でユニットの一般業務を1人で任せられるようにしたい。そして一般業務以外のことを覚えていって欲しい。1年後には自分の技術だけを考えるのではなく、利用者1人ひとりの特徴をきちんと捉え、その人に沿った介護ができるようになって欲しい」と目指すべき方向を丁寧にわかりやすく示していただきました。どこを目標に据えるのかがすごく具体的なので、目の前の課題に対して「この期間はこれを頑張ろう」と目標が立てやすく前向きに取り組むことができました。

新しいことへの挑戦が成長につながっている

介護のしごとをはじめて2年目となり、自分の介護技術に実感ができて自信がつきはじめたとき、特養からショートステイへ異動となりました。はじめての異動。違う環境のなかで果たして自分にできるのかという不安が大きくありましたが、「やってみないとわからない」がわたしが大切にしているモットーなので、まずはがむしゃらにやってみようと前向きに考えましたね。特養とショートステイの1番の違いは、止まっている時間がないくらい忙しいことです。職場の変化、業務量、スピード感がまったく違い、異動して3ヶ月間は戸惑いの連続でした。試行錯誤と相談を繰り返すと徐々にではありますが、何事もできるようになるということを学びました。不安が大きかったのですが、判断力や瞬発力、決断力が鍛えられたと実感しています。介護以外での挑戦も成長につながったと感じています。あそか苑では毎年夏祭りがあるのですが、その主軸となる部分を任せていただきました。他の部署や外部の業者の人とやり取りを行い、日程調整などやらなければいけないことは多岐にわたり、通常業務との両立が求められました。春から夏にかけては記憶がないくらい忙しかったです(笑)。一番大変だったのは、人を巻き込みながら連携をとっていくことや段取りよくしていくことでした。大変だったけどやりきったことで、人と連携していく大切さを学ぶことができました。4月からユニットリーダーになるので、この経験を自分が担うユニットにも活かしていきたいです。

「阿部さんに仕事を任せたら安心だ」と思ってもらうことが目標。

今年(2018年)の4月に働きだして4年目になります。先日、介護福祉士の試験を先日受けました。まだ結果は出ていませんが自己採点では合格ラインを超えているので大丈夫だと思っています(笑)。資格を取得するという介護職としての第一段階の目標の1つが達成できそうなのでまずはホッとしています。次の目標としては、頭に余裕があったらケアマネ資格を取得したいですね。4月から異動でユニットリーダーになることは不安が半分、期待が半分ですが、まずはやっぱりがむしゃらに頑張ってみようかなと。リーダーになったからには自分の部署だけでなく、まわりの人に「阿部さんに仕事を任せたら安心だ」と思ってもらえるようになりたいです。

就職を希望する方へのメッセージ

介護職を続けている1番の理由。それは、家族がいることです。ただその理由だけで続けているわけではありません。あそか苑、人間関係が良いのです。だから休み明けに職場にいくのが嫌ということはなく、この3年間は楽しく介護職として働くことができました。なんでも相談しあえる環境。尊敬する目指すべきできる先輩がいる。自分がつらいときに「つらい」という気持ちを素直に伝えられる同僚がいる。わたしを慕って質問をしてくれる後輩がいる。他の部署や以前の部署の前の職場の人とも挨拶や気軽な世間話ができる。どれも何気ないやり取りことですが、人間関係に恵まれている職場だと感じています。わたしは、笑顔が素敵な人と働きたいですね。仕事のスピード、技術的なことは働きだした後からも学ぶことができます。スキルが高い人より仕事を楽しみ、笑顔が絶えない人と一緒に働きたいです。