採用担当としてその人の人生に責任を。

人財確保・採用担当土居北斗

採用担当としてその人の人生に責任を。

採用担当を始めたきっかけとして、あそか苑に入職する前に初めて就職フェアに参加する機会がありました。学生の方と関わる中で「なにを」「どういった形で」伝えれば良いか考えることなく参加したことで話している内容が就職する方の心に全く響かなかったことを覚えています。
本当に悔しく、どうすればもっと興味を持ってくれるのか、心に響くのか、そう考えるようになりました。働く場所はその人の人生を大きく左右すると思います。就職するという事は「その人の人生を預かること」、だからこそ採用担当の関わりや言葉でその人の人生が大きく変わる可能性があると感じ、責任の大きさを感じました。
二度目の就職フェアに参加した時、そのことを意識し学生と向かい合ったときに熱意を伝える事で沢山の方が興味を持って話を聞いてくれたことが嬉しく、やりがいを強く感じ、採用担当として今後もやっていきたいと思ったきっかけになりました。

もっと自分にないものを吸収したい。

自分自身の今後を考えた時により深く採用に携わりたいと考えるようになり、働く人の人生を左右する言葉をその人にちゃんと伝える事は出来るのか、まず自分自身転職経験もない中で相手の心に響く言葉を伝える事は出来ないのではないかと悩みました。もっと自分自身が人間性を高めることや経験を積まなければいけないと思い、いくつか面接を受けましたが、ここで採用担当としてやっていきたい!と思うことが出来ずにモヤモヤしたまま過ごしました。そんな中あそか苑で面接の機会を頂き自分の課題や「採用した後入職してくれた人の事もちゃんと考え責任感の持てる採用担当になりたい」ことなど、すべて話しました。そしてあそか苑の教育制度や「人」を大切にしたい気持ちを聞き、ここで採用担当として働きたい、もっと自分にないものを吸収したいと強く思いました。
介護の現場は採用難と言われている中、自分自身がどこまでできるのか不安な気持ちはありましたがあそか苑で働くことで自分が成長できると考え、あそか苑への転職を決めました。

介護の仕事に触れる一歩目のきっかけ作りを。

介護業界は全体的に、仕事の大変さ・人手不足などのイメージが先行してしまっていると思います。もしかしたら僕が想像するよりもっと世間的には介護現場での仕事が辛いと思われているように感じます。僕があそか苑で勤務させて頂くようになってから、様々な方とお話するようになって、「介護の仕事って本当に素敵だな」と思いました。もちろん大変なことも沢山あると思いますが、利用者様を大切にしたい気持ちを強く感じ、本当にすごい方たちばかりだなと思っています。
職員が大切にしていることや、やりがいに感じていることを沢山の人に、就職を考えている学生や地域の人、外部の方にどんどん伝えていきたいと思っています。色々な方と沢山お話したいですしそういった場を作っていき、介護の仕事をしてみようかな?という方に最初の一歩を不意出していただけるきっかけが作れれば嬉しいです。

色々な人に恵まれてるいい環境。

採用担当って一見するとキラキラして見えますが、採用の仕事って本当は地味で効果が見えにくいことが多いと思っています。細かい仕事を諦めずに続けた先に喜びややりがいが見えてくるので一緒に頑張ってよかった!と思ってもらえるようにチームで取り組んでいきたいと思います。
僕は上司や部下、関わってくれる職員に恵まれて良い環境で仕事させてもらっていると感じます。やりたいように色々任せてもらえることが本当に嬉しいです。職員から大切にしているやりがいを聴くことで僕自身が100%120%の力を出さないと皆についていけないと思うくらい職員の熱意があり、それが僕のやる気に繋がります。

学生の就職活動の手助けになれば。

介護業界のみならず、学生の「就職活動」というのはものすごく大変なことだと思います。就職に関する情報がとても多いので、自分自身がどういったところで働くのが良いのか分からない人が多いと思います。だからこそ、あそか苑をありのままを見てもらって感じたことを沢山聞かせてほしいです。選考に進む進まないに関わらず、就職活動のサポートをしたいと思っています。就職が決まった時に「あそか苑で色々話を聞いてくれて自分の行きたいところが分かったから無事就職できた」と言ってもらえたらこれほど嬉しいことはないです。その行きたいところがあそか苑ならもっと嬉しいです。でもあくまも他の企業も含めてフラットに見てくれたら一番嬉しいです。

あそか苑で働きたいと思ってもらえるようにしたい。

採用担当として、面接などに来てくれた人があそか苑で働きたいと思ってもらえるように関わっていきたいと思っています。「あそか苑で働いたら面白そう」「見学だけでも行ってみよう」そういったイメージを持ってもらえるようにしたいです。
経験のある人にもそのイメージを持ってもらいたいと思いますし、学生や若い方など介護に触れたことのない人たちにも「あそか苑で働きたい」という環境にしていきたい。職員にも「こんな人が来てほしい!」と言ってもらえるような人材確保部門でいたいと思っています。